孵化した鮭の稚魚は海に下り、約4年後に母川に帰り、産卵して一生を終えます。メスには卵(はららご)が入っていて、醬油漬けにして食べるのが庄内の秋の食卓風景です。昔から鮭味噌粕漬・新巻鮭などに加工され、庄内地方の代表的なお歳暮の品で「年取り」の魚として欠かせない魚です。

秋鮭(アキサケ)
秋鮭のクリームスパゲッティ

「ホテル リッチ&ガーデン酒田」総料理長 佐藤 徹

▼ 詳細
秋鮭(アキサケ)
秋鮭の野菜スープ

「魚亭 岡ざき」女将 岡崎 淳

▼ 詳細
秋鮭(アキサケ)
秋鮭のルイベ風サラダ

「レストラン ロアジス」グランシェフ 太田 政宏

▼ 詳細
秋鮭(アキサケ)
秋鮭(アキサケ)について

「株式会社 手塚商店」手塚 太一

▼ 詳細