山形県魚に制定されている「桜鱒」は、春に生まれた川に戻ってきます。桜が咲く頃に帰ってくることや、身内の色が桜色であることから、この名がついたと言われています。美味しいと言われる大きさは、2kg~3kg。旬に獲れたものは、脂がのって身はふっくら柔らかく、日本海の春を代表する魚で庄内の食卓や春祭りには欠かせません。

桜鱒(サクラマス)
桜鱒の長いもグラタン

「魚亭 岡ざき」女将 岡崎 淳

▼ 詳細
桜鱒(サクラマス)
桜鱒の牛乳ポシェ

庄内浜文化伝道師「西洋割烹 花月」オーナーシェフ 阿部 三喜夫

▼ 詳細
桜鱒(サクラマス)
桜鱒の素焼き染めおろし

「料理・宿 坂本屋」石塚 亮

▼ 詳細
桜鱒(サクラマス)
桜鱒について

庄内浜文化伝道師「料理・宿 坂本屋」石塚 亮

▼ 詳細